はちみつと健康ナビ

はちみつアレルギーとは? - はちみつと健康ナビ

はちみつと健康ナビ > はちみつアレルギーとは?

はちみつアレルギーとは?

花粉が飛ぶ季節になると花粉症アレルギーで憂鬱になるという人は多いでしょう。
はちみつも蜜蜂がさまざまな花から蜜と花粉を一緒に集めてきたものですし、アレルギーが起きるのではと心配になってしまいます。
事実、はちみつアレルギーの症例はいくつも紹介されています。
そこで、はちみつとアレルギーの関係性を調べてみました。
その結果、はちみつのアレルギーには、はちみつに含まれる花粉が原因となる場合と、蜜蜂の分泌物が原因となる場合の2つのケースがあることがわかりました。
最初の花粉がアレルゲンになるケースでは、花粉症と同じととらえがちですが、花粉症というよりも食物アレルギーに近いと考えた方が適切です。

一般的に、花粉症の原因となる花粉はスギ・ヒノキ・ブタクサ・イネなどとされています。
それに対してはちみつはソバやアカシアなど食物アレルギーの原因となる花粉が含まれているのです。
消費者庁はアレルギーの特定原材料としてそば・やまいも・りんごなどを定めていますが、その花粉が混じったはちみつで軽いアレルギー症状が出ることがあります。
実を食べたときのような顕著なアレルギー症状を発症するわけではありませんが、アレルギー体質の方は注意しながら摂り入れるようにしてください。

怖いのはアレルギーがないと思っていても、長年の蓄積で許容量を超えてアレルギーを発症する遅延型アレルギーの場合、重篤なケースではアナフィラキシーショックを引き起こすことも報告されています。
アナフィラキシーショックとは、アレルギーで全身の血圧が低下して意識をなくし、場合によっては生命維持が出来なくなることもあるので要注意です。
はちみつをトーストにつけて食べたり、飲み物にして飲んだりしたときに、喉の痛みや腹痛や下痢が起こったら、アレルギーの症状ではないかと疑ってください。
なお、二つ目にあげた、蜜蜂の分泌物がアレルギーの原因というケースは症例はそれほど多くないそうですが、こうした方ははちみつ全般の摂取を控えるのが賢明だとか。

とはいえ、天然のはちみつには栄養素がたくさんあり、総合健康食品として定評があります。
例えばブドウ糖や果糖、ビタミンBなど約10種類のビタミン類、約80種類の酵素、クエン酸・リンゴ酸など約10種類以上の有機酸などを含み、身体の健康維持には理想的な食材です。
専門医などに相談してアレルギーの有無を確かめたり、軽いアレルギーが発症するにしても原因はどの花の花粉なのかを特定し、それ以外のアレルギーの出ないはちみつを探してください。
なお、美容のためはちみつを肌に塗る場合も、二の腕など見えない部分に少量塗って、数時間からできれば一晩ほど放置し様子を見ると安心です。

top