はちみつと健康ナビ

はちみつの効果、教えて! - はちみつと健康ナビ

はちみつと健康ナビ > はちみつの効果、教えて!

はちみつの効果、教えて!

はちみつの本当の健康効果についてご存知ですか。
はちみつには強力な殺菌作用があることが知られています。
いったいどんな仕組みがあって、その殺菌力が生まれてくるのか、調べてみました。
そうすると分かってきたのは、自然界の不思議な力でした。

殺菌力の一つの要因は、はちみつの主成分である糖分にありました。
蜜蜂が集めてきた蜜は当初、サラサラの状態ですが、それを巣の中で水分が20%前後になるまで日数をかけて凝縮していき、天然のはちみつのドロッとした粘りが生まれるのです。
人間がこの高濃度に凝縮されたはちみつを摂ると、浸透圧の違いで細菌内部の水分が外に出ていき、活動が鈍くなって繁殖が抑えられるのです。

もう一つ、強い殺菌力の秘密とされるのが、はちみつの成分に含まれるグルコン酸にあります。
グルコン酸は強力な殺菌消毒作用を持つ物質として有名です。
この効能は一般の医療現場でも活用されていて、傷口の消毒やメスなどの医療器具の消毒などに使われています。
天然の薬ともいえるはちみつは、高い殺菌力と保湿性によって傷口に塗れば治りを早めたり傷跡が残りにくいなどの効果を発揮します。

その他、口内炎の治療にもはちみつは有効です。
炎症を起こしている部分にはちみつを塗ると、殺菌作用で口内を清潔な状態に保ってくれます。
また、口内炎の原因としてビタミンB1、B2の不足が指摘されていますが、はちみつにはこれらが豊富に含まれているので食べるとその予防にもなるのです。

はちみつの効果で特筆すべきは、動脈硬化を防いでくれる成分が含まれていること。
コリンという物質が血管を拡張させて血圧を下げると同時に、血管壁の悪玉コレステロールの沈着を防いでくれる働きが報告されています。
それだけではありません。
はちみつに含まれるカリウムも動脈硬化の予防に効果的です。
過剰にナトリウムを摂ると血液量が増え、血圧が上昇しますが、これを事前に制御してくれるのがカリウムなのです。

さらに、はちみつは二日酔いにも効くんです。
はちみつの糖分の一つである果糖が肝臓内のアルコール分解を促進し、血液中のアルコール濃度を下げることに貢献します。

はちみつの効能はまだまだあります。
よく知られているのは咳止め効果が高いということ。
アメリカの大学の研究では、小児用の市販薬よりはちみつの方が、咳を止める効果が高いと言う発表もあるほど。
その理由は、はちみつの特徴である強い殺菌力が働き、呼吸器系細菌の増殖を抑えるためと考えられています。
ただし、ごく稀に乳児ボツリヌス中毒を引き起こす危険性があるため、1歳未満の子どもには絶対にはちみつを与えたりしないでください。

ここでは紹介しきれませんが、はちみつの整腸作用はいろんなところでクローズアップされていますし、疲労回復効果なども知られていますね。
はちみつを摂り入れて、毎日、健康に過ごしたいものです。

top